No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://seles.blog25.fc2.com/tb.php/377-41403b99

No. 377 (Sun)
dayline

Date 2010 ・ 07 ・ 04

金色の小鳥のこと

セレと共にあった、金色の小鳥のこと。
金色、黄色の小鳥です。メス。
頭はいいようです。

いつの間にか懐いて、セレの傍に居ました。
セレにはペットと言う意識があまりなく、動物も同じ生き物として対等に接する人です。
対等故に、動物だから特別可愛がる事もしません。
元から自由な鳥だから、手元に置いておこうとも思っていません。
ただ、それでも付いてくる小鳥を憎からず思う事は確かでした。

ペットと言う意識はないので、名前を付けませんでした。
ただ気付いたら、寂しさを埋める為に話しかけ、何かを誤魔化す為、誰かに届ける為。
「ねえ、リゼル」と呼びかけるようになりました。
名前が無かったので仕方なく、他者にも「彼女はリゼル」と紹介するようになりました。

その必要はいつの間にか無くなって、彼はあまり話しかけなくなりました。
彼女は自由な鳥に戻り、セレも昔のような笑顔を取り戻しました。
だから彼女の事は、どこか少し馬鹿にしたり、ふざけたり憧れたり、生き物として尊敬したりする、相棒でした。

「何処へでも、好きに行ったらいい」
セレは昔からいつもそう言っていますが、彼女はいつも戻って来ます。
だから彼は親愛を込めて、彼女を「小鳥さん」と呼ぶのです。
セレのお話 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

金色の小鳥のこと のトラックバックアドレス
http://seles.blog25.fc2.com/tb.php/377-41403b99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。